BLOG

◎2007年5月以前の記事はこちら


【イベント写真】1.12~14 劇団ガバメンツ「ハイヤーズ・ハイ」

 tag:


【1月のイベント紹介】コメディと生演奏

 tag: , ,

新年あけましておめでとうございます!
今年もたくさん楽しいイベントがラインナップ!

1月のイベント紹介です☆
(画像をクリックすると公演ページにとべます)

劇団ガバメンツ「ハイヤーズ・ハイ」】(1/12~14)
これまで様々なコメディ作品を上演してきた劇団ガバメンツ!拠点を東京に引っ越しする前の区切りの公演として、劇団の代表作「ハイヤーズ・ハイ」を上演!何度も再演を重ねて、東京公演時には「ブレイク途上の東京サンシャインボーイズを思わせる」などと好評を得た作品だそうです。
舞台は一台のハイヤー。そこに乗り込む二人の脚本家。落ち込む女性脚本家を励まそうと、男性脚本家はとっておきの物語を描く…という話。これまで上演されてきた物語に、リアリズムを加えて、登場人物も新たに全く新しいハイヤーズ・ハイになるとのこと!すでに初ステ12日(金)19時半の回が前売り完売。他回もお席少なくなってきているそうなので、ご予約はお早めに!旅立つガバメンツの背中を是非押しにきてください☆

THE PLAN9 芝居座~其の壱~「プレッシャージョウ」】(1/20~21)
ザ・プラン9がおくる新しいステージ【芝居座】がスタート。記念すべき“其の壱”は歌と笑いのエンターテインメント!!ザ・プラン9の“闇の構成員”といわれる覚王山が作・演出を手がける「プレッシャージョウ」は、家庭用ゲーム機が普及した昭和の末期、窮地に立たされた玩具メーカー勤務の男たちが生き残りをかけてクリスマス商戦に挑むストーリー。口からでまかせばかりのとある社員に大きなプレッシャーがのしかかる。歌と笑い満載の演出で生演奏とのコラボをお届けします!
アキナ福田転球といった個性豊かなキャストに加え、日替わりゲストも登場☆GRAND COLOR STONEのナカノアツシ・KOIKEMAN55も参加します(こちらから音楽視聴できます)千秋楽終了後、20時からはアフタートークライブも開催!

劇団レトルト内閣「エピメテウスの眼鏡」】(1/26~28)
全編生バンドによる演奏で、エンターテイメントでありながら、音楽から想起されるパフォーマンスアートとしても高評価を得て、エレガンスロック演劇という独自のジャンルを切り開く劇団レトルト内閣の新作がHEP HALLに登場!今回はほめることで人を育て、売り上げ・業績アップに貢献する人材育成メソッド「ほめ育」とのコラボレーション。アフターイベント「ほめ育講座」も開催!(金昼、土夜、日夜)
世の権力者たちが血眼になって探し求め、最も愚かな人間が見つけるという宝「エピメテウスの眼鏡」の物語。宣伝動画もアップされてます。動画で流れてる三名刺繍さん作詞作曲の挿入歌「神様の子供」がとってもいい曲なんですよ。ぜひご覧ください!

1月もお楽しみに☆


【イベント写真】12.22~25 劇団壱劇屋「五彩の神楽 荒人神~Arabitokami~」

 tag:

昨年、五ヶ月連続公演を大盛況のうちに終了した壱劇屋「五彩の神楽 荒人神」の写真が届きました!
普段はTwitter用に4枚しかアップしてないのですが、壱劇屋カメラマンの河西さんがたくさん写真を届けてくれたので全部アップします☆

それでは、どうぞご覧くださいませ~【photo by 河西沙織(劇団壱劇屋)】
    
人に絶望することばかりの社会において、誰かに希望を見出すことは辛くて苦しいことばかり。それでも人のために動いていれば誰か一人でも助けてくれるかもしれない。そんな竹村さんの人生観が凝縮された、人間愛に溢れた舞台でした。

そして、まさか四ヶ月の主人公が勢ぞろいするとは…なんて素敵なことをしてくれるんだ壱劇屋!!!
背景の墨絵が上がって、主人公たちがドーンッと登場!最後には四ヶ月の登場人物たちもワラワラ登場し大団円。ハッピーなダンス。お祭りでしたね、五彩の神楽は。HEP HALLが幸せで溢れていました。

  

初ステまでお客様の反応が楽しみで仕方なかった!皆さん上演中だから声を殺していましたが湧き上がる興奮は抑えきれなかったことでしょう。声が出ないように口を抑えたり祈りながら観ている方もチラホラ。わかります、わかります、そうなりますよね。なのに千秋楽までネタバレもなし…凄い。この情報化社会で千秋楽まで何も情報が表に出なかったのは、この五彩の神楽を本当に皆さんが楽しんでくれて、後で見に来る人のことも考えたからこそ出来たことなんですよね。凄いなぁ。感想ツイートのまとめはこちらからご覧いただけます☆
観劇三昧ではすでに荒人神の配信がスタートしてます。去年のことと言ってもまだ二週間も経ってないんだから仕事が早すぎだよー。

今年は壱劇屋、10周年イヤー。様々な企画が行われます。4月にはABCホールにて、ノンバーバル改めwordless殺陣舞台「二ツ巴」、そして荒人神千秋楽でも告知された通り6月から東名阪ツアー「独鬼」が上演されます。その他、パーティやら運動会やら楽しいイベントが盛りだくさん!今年は去年を超えた壱劇屋イヤーになりそうです。詳しくは壱劇屋公式サイトをチェック!

ということで、これにて壱劇屋・五彩の神楽のまとめ終了です。HEP HALLに見に来てくれてたお客様ありがとうございました!五ヶ月通ってくれたツワモノなお客様ありがとうございました!そして、壱劇屋の皆さんありがとね☆もう今月は来ないのかと思うと寂しいけど絶対にまた来てね~!


年末年始のお知らせ

今年も1年ありがとうございました。
HEP HALLでは今年は68本も楽しいイベントがありました!アーカイブから今年のイベントを確認できますので良ければ観劇記録に役立ててくださいね☆

HEP HALLは2017年12月29日(金)~2018年1月4日(木)までお休みです。
来年は1月5日(金)から営業します。

ホールが休みの期間中も、HEP FIVEは営業しておりますので年末年始ぜひご利用ください。(12/31-1/1は休館日、観覧車など店舗によっては営業している所もあるので詳しくはこちらをご確認ください)
1/2(火)9時~は福袋も販売するそうですよ!ワクワク!

来年も素敵なイベントがたくさんありますのでお楽しみに♪
それでは、よいお年を!


リコモーション無料体験レッスン参加者募集中!(~2/18)

生瀬勝久、古田新太などが所属し、HEP HALLを運営している芸能プロダクションリコモーションが体験レッスン参加者を募集しています!

リコモーションは、“NEXTEEN”という若手の養成機関を立ち上げ、若手俳優の発掘、育成に力を入れています。
ミュージカル「テニスの王子様」に出演の井阪郁巳、ドラマだけでなくCMや情報番組のリポーターとしても活躍する納富有沙もNEXTEEN卒業生です。
かつて、生瀬勝久や古田新太も関西で過ごし、実力を磨いて東京へ進出しました。今や『実力派』と呼ばれる俳優たちから受け継がれたノウハウを体験してみませんか?

参加費は無料!場所は大阪市内を予定しております。
プロの俳優の指導で、演技に必要な要素を取り入れたゲームなど、楽しみながら基礎を体験できます。
芸能活動に興味がある方や、全くの未経験者の方でも参加OK!
一人でも、お友達とでも参加可能です。お気軽にリコモーションまでご応募ください。

開催予定日時
2018年2月25日(日)午後3:30~午後5:30予定

会場
大阪市内

参加費
無料

応募資格
10歳から25歳までの男女。未経験者歓迎。
※今までに演技経験のある方は、お申し込みの際にその旨もお知らせください。

応募締め切り
2018年2月18日(日)中必着

詳細・応募方法
リコモーション公式サイトをご確認ください。

レッスン動画

たくさんのご応募お待ちしています☆


プレイバック五彩の神楽!

 tag:

劇団壱劇屋、五カ月連続公演もいよいよ五神楽目…明日から「荒人神」が始まります。
ということで、この四ヶ月の公演を振り返ってみました☆
プレイバック五彩の神楽!
(劇団公式Twitterでは「#プレイバック五彩の神楽」でツイートしてますのでそちらも是非チェックしてみてくださいね♪)

まずは、一神楽目「憫笑姫」姉妹の物語。
王の道楽により戦場に駆り出された姉、そして姉を守るために戦場へと出向く妹。悪しき王と闘う姉妹の物語。はじめて戦場に向かったときの弱弱しい姿から一変、鍛え強くなり王に立ち向かう西分さん演じる姉の姿はジャンヌダルクを彷彿とさせる勇ましさでしたね。
主演:西分綾香(劇団壱劇屋)ゲスト:末満健一 久代梨奈(NMB48)

二神楽目「賊義賊」義賊の物語。
コミカルでキュートな女義賊VS狂気の悪賊!バトントワリングやブレイクダンスなど超アクロバティックなアクションが炸裂し、少年漫画を見ているような爽快感を味わえる作品でした。飛んで跳ねて走って回って、「すごっ」とつい声が漏れてしまう重力無視のダンサブルなアクションの数々でした。
主演:中村るみ ゲスト:KATSU(一撃/1.G.K/Alphact) 永沼伊久也 新谷佳士(劇団そとばこまち)

三神楽目「心踏音」男女の物語。
愛する女性を失った盲目の男の復讐の物語。これは切ないし苦しかった…男の復讐の真相がわかってからは「もうやめて~」と心で何度も叫びましたね。最後のシーンは男にとっては救いだったのでしょうか。そうであってほしいなぁ。
主演:吉田青弘 ゲスト:坂口修一 今中美里

四神楽目「戰御史」戦場の物語。
男が嵐の中逃げ込んだ屋敷で出会うは、自分と同じ動きをする男と数多の刀。刀を手にしたとき刀に宿った記憶が蘇る。視点が移り変わり場面が何度もループする怪しい世界観。これはとにかくカッコいい…アクションモブ含め全キャストが戦いまくる作品。
主演:赤星マサノリ(sunday) 大熊隆太郎(劇団壱劇屋) ゲスト:伊藤駿九郎(KING&HEAVY) サリngROCK(突劇金魚) 満腹満(THE ROB CARLTON)

そして五神楽目は「荒人神」人々の物語。
いよいよ五彩の神楽の大将、竹村さんが登場です!この五ヶ月すべての作演を担当し、出演もこなしてきた竹村さんが舞台の中央で暴れ回ります。背景の墨絵を描いてきた白装束の正体とは?
―これは“人”の物語 人は人を救う 人は人を殺す 人は人に絶望し 人は人に希望を託す 人は人を治める為に神となり人は人の為に神に挑む これは“人々”の物語 すべての人は人の為に立ち上がる―
主演:竹村晋太朗(劇団壱劇屋) ゲスト:田中亨(劇団Patch) 畠山薫(Cheeky☆Queens)

いよいよ明日から最後の五彩の神楽!!思いっきり楽しんで、2017年を締めくくりましょう☆


リコモーション【PLAY MUSIC!】 春イベントの演奏者募集!(~12/25)

HEP HALLを運営している芸能事務所・リコモーションが、
2018年春に大阪市内で行われるイベントの演奏者を募集しています!
対象は弦楽器・和楽器を演奏できる方♬
満開の桜を音楽で彩りましょう🌸

応募資格
・関西圏で活動をされている方
・年齢不問 ※未成年者は親の同意必須
・弦楽器、和楽器奏者のみ
・他楽団、バンドに所属している方も可
スケジュール
・2017年12月26日(火):メールにて書類審査合否のお知らせ
・2018年1月9日(火):面接・実技審査
・2018年3月:リハーサル
・2018年4月初旬:本番
応募締切
2017年12月25日(月)必着

たくさんのご応募お待ちしてます!!


【イベント写真】12.9~10劇団乱れ桜「迷走するジキル×ハイドシアター」

 tag:


【イベント写真】12.2~3 Team Triquetra「Island ~ONIGA-SHIMA~」

 tag: ,


【12月のイベント紹介】締めくくり!

 tag: , , , ,

え、もう12月…??(困惑)
今年もたっくさん楽しいイベントがあったから時間が経つのが早いー。

2017年最後を締めくくる12月のイベント紹介です☆
(画像をクリックしたらページに飛べます)

2日からは
【Team Triquetra「Island ~ONIGA-SHIMA~」】(12/2-3)
夢とロマンと冒険をこよなく愛するパフォーマー達の集団【劇団●天八】のHISAKOによる演劇ユニット、Team Triquetra(チーム・トリケトラ)の新作は鬼と人間が仲良く暮らしていた、昔のお話。
―交わることのない鬼と人間。気の遠くなるような戦いの記憶。桃太郎たちと鬼たちの戦いの先にあるものは、憎しみか、愛か。―
子どものころから親しんできた「ももたろう」がどのような話になるのでしょうか?前回公演「死神に歌う詩」の様子はこちら☆

9日からは
劇団乱れ桜「迷走するジキル×ハイドシアター」】(12/9-10)
大阪府立大学生、芸人、社会人など様々な人間が携わる社会人劇団、劇団乱れ桜がHEP HALLに初登場!
―公演当日、10人のキャストが口にしたのは…ハイド薬≪人の欲望を引きずりだす薬≫。薬の効果で『登場人物を演じる』役者の言動に、『〇〇したい!』個人的な欲望が現れて…「舞台本番、役者が突然、二重人格になる!?」次々に巻き起こる不測の事態、飛び出す新設定や無理難題!役者たちは、その度にアドリブで物語を導いていくが…果たして無事に物語の結末まで辿り着くことができるのか!―
次々に巻き起こる不測の事態、飛び出す新設定や無理難題。劇団乱れ桜がお送りする、空想シュチュエーションコメディ。各回別内容で、本編と連動した内容の前座があります☆

15日からは
劇団ハネオロシ「失笑(笑)」】(12/15-17)
残酷ながらもエンターテインメント性に満ちた作風を得意とする注目の劇団、【劇団ハネオロシ】がHEP HALL初登場。ダンスや音楽や映像、プロジェクションマッピングを駆使した五感を刺激するエンターテインメント作品になるそうです!
―深い深い森の中。誰も知らない、知られてはならない不思議な場所がありました。その名は『パシフィックサーカス』卵の殻で出来た男、酸性の体液を持つ女、絵の中に閉じ込められたもの、生き血をすすり生きる者・・・。どいつもこいつも一筋縄ではいかないヤツらばかり。
ある日、一人の男が森の中に迷い込んだ。そして奇怪なサーカスの幕が上がるのだった。―
16日17時の回は本編終了後、エピソード0の特別公演が行われます☆

22日からは
劇団壱劇屋五彩の神楽 荒人神~Arabitokami~」】(12/22-25)
五ヶ月に渡って行われた公演もついにラストでございます…寂しい~!さて、トリを務める主演は、ついに、この男…!この四ヶ月すべての作演を務めながら、主演の脇を支えてきた、竹村晋太朗!彼が舞台の中心で暴れまわる姿を四ヶ月心待ちにしていた方もいるのではないでしょうか?そして、この公演では四ヶ月間見てきたお客様が喜ぶであろう仕掛けも用意されているとのこと。楽しみすぎるー!HEP史上伝説の五ヶ月連続公演の集大成を是非ご覧ください!
【「五彩の神楽」公演写真】8月「憫笑姫」9月「賊義賊」10月「心踏音」11月「戰御史」≪photo by 河西沙織(劇団壱劇屋)≫
―これは“人”の物語 人は人を救う 人は人を殺す 人は人に絶望し 人は人に希望を託す 人は人を治める為に神となり 人は人の為に神に挑む これは“人々”の物語 すべての人は人の為に立ち上がる―

12月もお楽しみに☆


最新のスタッフブログ
リンク