大谷健太郎 俳優ワークショップ

2020年夏に西日本エリアで映画撮影を控える大谷健太郎が、撮影に先駆けてワークショップを開催

「NANA」「黒執事」などの映画監督の大谷健太郎が、西日本を拠点として活動をする俳優や、これから俳優デビューを目指している新人との出会いを求めての新たな試みとしてワークショップを開催します。
皆さんの演技を監督が撮影して具体的にアドバイスをしていくなど、実践形式で指導をしていきますので、役者になりたい強い気持ちさえあれば未経験でも大丈夫です。
期間中、関西在住の映像ディレクターも見学に来る予定ですので、舞台から映像作品に活動の幅を広げる絶好のチャンス!!

募集要項
2020年2月22日(土)〜24日(月祝)※3日間全て参加できる方
[募集対象]15歳以上の男女。未経験者も歓迎!
[会場]HEP HALL
[参加費]3万円
[定員]20名程度
※申込み人数が多い場合は、事前の書類選考、或いは、選抜オーディションの可能性があります。
選抜オーディションで参加できなくなった場合も、希望者は見学していただける可能性があります。
詳細は、参加手続き完了のご連絡と合わせてお伝えします。

[応募方法]コチラよりエントリーシートをダウンロードして、必要事項を入力の上、メールでお申し込みください。手書きで記入したものをスキャンするかたちでも大丈夫です。
[応募締切]2020年2月14日(金)必着 ※応募は締め切りました
お問合せ
株式会社リコモーション workshop@ricomotion.com
プロフィール

大谷健太郎/映画監督
大学在学中、「私と他人になった彼は」で、ぴあフィルムフェスティバル3部門を受賞。「とらばいゆ」では、バンコク映画祭最優秀長編映画賞を受賞するなど国内外で好評を博す。その後、映画「NANA」、「黒執事」等を監督し、ドラマ「ヤング・ブラック・ジャック」(日本テレビ)以降、映画以外にも活躍の場を広げている。
最近の作品では、映画「四月の君、スピカ」やドラマ「全身刑事」(テレビ朝日)を監督し、ドラマ「不協和音」(テレビ朝日)の放送も控えている。


ツイート
最新のスタッフブログ
リンク