BLUE SHUTTLE PRODUCE

「SOUNDTRACK OF ZERO」リリースイベント

BSP ZEROシリーズを彩ったサウンドトラックの発売を記念してリリースイベント開催!

零式艦上戦闘機と運命を共にした男たちを描いたBSPの代表作、BSP ZEROシリーズを彩ったサウンドトラックの発売を記念したリリースイベント。歴代ZERO作品に出演した、田渕法明・田中尚輝・山本誠大・石田直也・新正俊らが登場!

日時
2018年11月19日(月)
13:00 / 17:00
※受付開始は開演60分前、開場は15分前より
※スタンド花(バルーン、花輪含む)の受け取りをお断りしています。
料金
6,000円
[全席指定]
※「SOUNDTRACK OF ZERO」1枚、出演者全員とのハイタッチ券、くじ券付き
 くじ券はランダムチェキ、選べるZERO歴代ポスター、集合写真撮影券のいずれかが当たります。

キャスト・スタッフ
出演/田渕法明 田中尚輝 山本誠大 石田直也 新正俊 青木威 山本健史 黒田陽介 池之上頼嗣 中内天摩 小川丈瑠 長野祐 池田怜央 金子僚太 飯田寅義 屋島昂太       
チケット取扱い
2018年10月7日(日)一般発売開始
劇団ひまわりチケットセンター
お問合せ
劇団ひまわりチケットセンター tel.06-6369-1344  bsp@himawari.net
プロフィール

BSP(ブルーシャトルプロデュース)
創業60年以上の歴史を持つ劇団ひまわりのプロダクション部門、ブルーシャトルがプロデュースする演劇公演の総称。2002年ブルーシャトルプロデュース『AXLE』活動開始。2004年に『11人いる』を上演し、漫画を舞台化するというスタイルを確立、優れた漫画作品を次々に舞台化。『最遊記』『BANANA FISH』『ワイルドアダプター』『ピースメーカー』等。2012年『三銃士』の上演を持って活動終了。その後、新たな演劇ユニットの総称をBSPとして活動を再開し、松田岳・田渕法明・鐘ヶ江洸・田中尚輝・山本誠大らを中心に、演劇制作を続ける。 2012年の『ゼロ』では、零式艦上戦闘機と運命を共にした青年たちの物語を、ダンスやアクションを駆使し、零戦の戦闘シーンを表現するなどの独特のスタイルで舞台化し、力強い演劇的アプローチに成功。以後、「真田幸村」「龍の羅針盤」「新選組」など、日本の歴史の1シーンを生きた男たちのいきざまを題材にした作品を次々に発表する。極限まで鍛え抜かれた体と、細部まで磨きこまれた舞台美で客席を魅了。演出・振付・殺陣、照明・音響・衣裳、すべての舞台芸術を駆使した演劇空間は多くの観客の支持を得、全国からのファンを増やし続けている。


最新のスタッフブログ
リンク