劇団暇だけどステキ

劇団暇だけどステキ

「ショウ ゴウ」

あの頃の僕たちにとべ!
暇ステが送る、ヒューマンノスタルジックファンタジー。

人間においての不変的テーマ「愛」を原点に、コミカルに時にはシリアスに人間の感情の変化を中心に物語を紡ぐ、劇団暇だけどステキ。防空壕を舞台に、戦時中、秘密基地だった少年時代そして大人になった現代と3つの時代を主人公が描くキャラクター「ゴウくん」が紡ぐヒューマンノスタルジックファンタジー。タクミックス手がけるオリジナル楽曲に、元OSK歌劇団トップ女優の若木志帆の歌声も今作の大きな魅力のひとつ。

小学校5年生の僕たちの楽しみは、「秘密基地」に行くことだった。
それは小高い丘にある洞窟、昔の防空壕の跡であった。
兼沢翔太(ショウタ)は大好きな絵をいっぱい描いて、岩見香子(コウコ)はいつも歌声を響かしていた。川越友紀(ダルマ)は秘密基地のルールを作り、松江大介(なんちょ)は食べ物を持ち込んでいた。山口貴恵(バカキエ)は嫌われてるとも知らずにいつもやってきた。
森岡誠(オールド)は小学生にも関わらず、酒を飲みたばこをふかしていた。
そして福嶋健一(シマケン)はそんな友達をいつも楽しそうに眺めていた。
あの秋の日までは・・・・・洞窟の中に煙が充満し、僕たちの宝物は燃えていく。
誰かに導かれるように、防空壕を出た僕たちが見たのは空一面を覆う飛行機、そして目の前に広がる炎であった。
気が付くと僕たちは防空壕の前で意識を失っていた。
コウコは、知らない間に兵隊の人形を抱きしめて・・・・。
そして事件は起こった。
防空壕の中に身元不明の遺体が発見されたのであった。
それから25年、あの事件からなかなか前に進めない大人になった仲間が防空壕に集まる。
戦時中、少年時代、そして大人になった現代と3つの時代を漫画家になったショウタが描くキャラクター「ゴウくん」が紡いでいく。
「ずっとずっと探してる、漂う中であなたを何度も何度も」

日時
2018年10月5日(金)〜8日(月)
10.5(金)19:00
10.6(土)13:00 / 18:00
10.7(日)13:00 / 18:00
10.8(月)14:00
※受付開始は60分前、開場は30分前より
※スタンド花(バルーン、花輪含む)の受け取りをお断りしています。
料金
一般 前売3,300円 当日3,500円
学生2,800円
高校生以下1,000円
[当日着順自由席]
キャスト・スタッフ
作・演出/井上キホー、
出演/おさみき 野村千寿子 堀真也 木村雪夏 酉帝冴羽座 坂口勝紀 小出太一 西田美咲 凰華瑠扇 日比リコ 井上キホー
ゲスト/五馬さとし(ビッグワンウエスト/劇団ひこひこ) なかしまひろき(しろみそ企画) あかさかさくら(しろみそ企画) 加藤遥子(舞夢プロ/カトハルステージ) 太田裕介(PROJECTおふざけチャン。) こうめ 今西刑事 井上誠 伊与田千世美(劇団Pinocchio) 舐米9時子 朴花菜 島田風香 若木志帆
チケット取扱い
2018年8月5日(日)発売開始
CoRich!

お問合せ
劇団暇だけどステキ tel.090-6201-4377(堀)  info@himasute.jp

プロフィール

劇団暇だけどステキ
1998年2月旗揚げ。2018年の現在まで本公演30回、企画公演7回、音楽ライブ1回、他イベントへの参加等の活動実績あり。2001年「フィルダースチョイス」にてPART2演劇祭最優秀賞受賞、2005年「ラビーズマウンテン」ロクソフェス3位、2006年「昭和100年」ロクソフェススタッフ賞・象印賞受賞、2009年「ビッグスターブルース」一心寺シアター倶楽7・5・3企画最優秀劇団賞受賞。

フライヤー
劇団暇だけどステキチラシ表 劇団暇だけどステキチラシ裏 劇団暇だけどステキチラシ中  

最新のスタッフブログ
リンク