BLOG

【12月のイベント紹介】締めくくり!

え、もう12月…??(困惑)
今年もたっくさん楽しいイベントがあったから時間が経つのが早いー。

2017年最後を締めくくる12月のイベント紹介です☆
(画像をクリックしたらページに飛べます)

2日からは
【Team Triquetra「Island ~ONIGA-SHIMA~」】(12/2-3)
夢とロマンと冒険をこよなく愛するパフォーマー達の集団【劇団●天八】のHISAKOによる演劇ユニット、Team Triquetra(チーム・トリケトラ)の新作は鬼と人間が仲良く暮らしていた、昔のお話。
―交わることのない鬼と人間。気の遠くなるような戦いの記憶。桃太郎たちと鬼たちの戦いの先にあるものは、憎しみか、愛か。―
子どものころから親しんできた「ももたろう」がどのような話になるのでしょうか?前回公演「死神に歌う詩」の様子はこちら☆

9日からは
劇団乱れ桜「迷走するジキル×ハイドシアター」】(12/9-10)
大阪府立大学生、芸人、社会人など様々な人間が携わる社会人劇団、劇団乱れ桜がHEP HALLに初登場!
―公演当日、10人のキャストが口にしたのは…ハイド薬≪人の欲望を引きずりだす薬≫。薬の効果で『登場人物を演じる』役者の言動に、『〇〇したい!』個人的な欲望が現れて…「舞台本番、役者が突然、二重人格になる!?」次々に巻き起こる不測の事態、飛び出す新設定や無理難題!役者たちは、その度にアドリブで物語を導いていくが…果たして無事に物語の結末まで辿り着くことができるのか!―
次々に巻き起こる不測の事態、飛び出す新設定や無理難題。劇団乱れ桜がお送りする、空想シュチュエーションコメディ。各回別内容で、本編と連動した内容の前座があります☆

15日からは
劇団ハネオロシ「失笑(笑)」】(12/15-17)
残酷ながらもエンターテインメント性に満ちた作風を得意とする注目の劇団、【劇団ハネオロシ】がHEP HALL初登場。ダンスや音楽や映像、プロジェクションマッピングを駆使した五感を刺激するエンターテインメント作品になるそうです!
―深い深い森の中。誰も知らない、知られてはならない不思議な場所がありました。その名は『パシフィックサーカス』卵の殻で出来た男、酸性の体液を持つ女、絵の中に閉じ込められたもの、生き血をすすり生きる者・・・。どいつもこいつも一筋縄ではいかないヤツらばかり。
ある日、一人の男が森の中に迷い込んだ。そして奇怪なサーカスの幕が上がるのだった。―
16日17時の回は本編終了後、エピソード0の特別公演が行われます☆

22日からは
劇団壱劇屋五彩の神楽 荒人神~Arabitokami~」】(12/22-25)
五ヶ月に渡って行われた公演もついにラストでございます…寂しい~!さて、トリを務める主演は、ついに、この男…!この四ヶ月すべての作演を務めながら、主演の脇を支えてきた、竹村晋太朗!彼が舞台の中心で暴れまわる姿を四ヶ月心待ちにしていた方もいるのではないでしょうか?そして、この公演では四ヶ月間見てきたお客様が喜ぶであろう仕掛けも用意されているとのこと。楽しみすぎるー!HEP史上伝説の五ヶ月連続公演の集大成を是非ご覧ください!
【「五彩の神楽」公演写真】8月「憫笑姫」9月「賊義賊」10月「心踏音」11月「戰御史」≪photo by 河西沙織(劇団壱劇屋)≫
―これは“人”の物語 人は人を救う 人は人を殺す 人は人に絶望し 人は人に希望を託す 人は人を治める為に神となり 人は人の為に神に挑む これは“人々”の物語 すべての人は人の為に立ち上がる―

12月もお楽しみに☆


次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク