関西クィア映画祭2013

関西クィア映画祭2013

性にあたりまえなんてないよ!
世界各国の作品が集まる「性」をテーマにした映画祭。

「男女という制度」の枠組みから出て、自分らしい性を生きる、『典型的であってもなくてもいい、変 (=クィア) でもいい、性のあり方は多様だ、私たちは生きていける!』 今年で8回目を迎える関西クィア映画祭は、そんなメッセージが溢れる映画を上映する「みんなのお祭り」。ドキュメンタリーをはじめ、メジャーからマイナー、長編から短編までこの映画祭でしか観られない作品がいっぱい。今年は女子系の作品が充実、さらにイランから2作品、イスラエル/パレスチナのドキュメンタリーを1作品と、いずれも日本初上映の中東作品にも注目です。

【クィア(Queer)って何ですか?】
ひとりひとりが自分の性や生き方を選び決めていこう、規範の押し付けに 反対しよう、というメッセージです。 「クィア」は、これまでは性の領域で「ふつう」ではないと考えられている人々への蔑称でした。これを逆手に とって使うことで、様々な少数派を肯定し、「ヘンでもいい」「不一致は私たちの豊かさだ」と差異の権利を主張し、LGBTだけでなく「普通ではない」「典型的でない」生き方をポジティブにとらえ直す意図があります。
[ Data ]
日時 2013.9.14(土)~16(月・祝)
※開演は各上映の20分前
※自由席
料金 1回券(1プログラムに有効):
前売=1,300円  当日=1,600円
3回券(3プログラムに有効):
前売=3,400円 当日=4,000円
大阪パス(大阪の全プログラムに有効):
前売=6,800円 当日=8,000円
関西フリーパス(大阪・京都全プログラムに有効):
前売=10,000円 当日=12,000円
18歳以下割引:
前売・当日ともに半額(要証明証)
チケット 2013.7.14(日)発売開始
イープラス
※そのほか指定のショップにて購入可能(詳しくはコチラ
お問合せ 関西クィア映画祭実行委員会 tel.080-3820-2731
関連サイト 関西クィア映画祭
[ Program ]
9.14(土)
11:30 モスキータ&マリ
13:55 R/EVOLVE-結婚と平等とピンクマネー
16:20 罪なき罪ークィアと身体障害 ★トーク
19:10 ビリーの恋
鏡を見つめて
9.15(日)
11:30 いてはいけない人
14:10 アリソン my love
アタフェの選択
17:00 トランスパパ
19:30 あん、あん、あん
艶子 TSUYAKO
9.16(月・祝)
11:30 ワイルドネス
13:40 KQFFオフ会
16:05 マルガリータ
18:30 ジェリーフィッシュの恋

[ Pick Up ]
ジェリーフィッシュの恋


ツイート
最新のスタッフブログ
リンク