BLOG

【みなさんのこえ】「素浪人ワルツ」公開リハーサル終了!

マイムとザッハってどうなるのかワクワクしながら見ていました。曲がすごく場面に合っていて、こんな聞き方も面白いですね。マイムって立ってするものというイメージがあったのに、横になって動いていくのも楽しかった。映像と合わせて歩いている感じやシャボン玉で水の中を表しているのもいいです。いいむろさんのファンの人もザッハのファンの人も楽しめるんじゃないでしょうか。ザッハの歌もいいですね!こんな時でないと聞けないですから。なんだか江戸と今が一緒になったような感じで見ていました。衣装もよく合っていました。(50代・女性・アルバイト)
いいむろさん、ザッハトルテ、どちらのファンが見ても存分に楽しめるとても面白い試みだと思います!素敵な企画をおこしてくださって本当にありがとうございます。生声と生音とマイムと照明と映像、すべてがひとつになってどれひとつ欠けても成り立たない素晴らしい舞台だと思います。本番もぜひスタッフのみなさんも楽しみながらステージを作り出してくださいませ。初日また来ます。(30代・女性・会社員)
いいむろさんのマイムほれなおしました。安元さんが意外と体力あるなーって思いました。作品としては、ストーリーよりもディテールを観るタイプの作品として、鑑賞させていただきました。この3組にしか鳴らせないワルツだったと思います。(30代前半・男性・専門学校生)
POPでありながら、ムリだったり、必死だったりするフリをしているのって、こんなにもSEXY。知ってはいたけど、やっぱりSEXY。タナトスとエロスの両方から手招きされる、深刻なフリのうまいフリーターの逃げる様は、とてつもなく美しい活動写真でした。マイムとマイムの狭間に吸い込まれそうになりながらも、レトロなようで攻撃的ですらある3音+1人+1影に惑わせれておきました。アコーディオンの指使いって、エロくて、キレイでホレました。もちろんお顔にもホレました!(20代後半・女性)
走りまわったり、寝転がったり暗闇の中でもステキな音楽を奏で続けるザッハトルテの皆さんと感動しました。音楽、光、いいむろさん、安元さん全ての要素がいい具合に混ざりあって、いつまでもいつまでも見続けていたいと思う素敵な時間で、あっという間の80分でした。他では見れないものを見れたので、ぜひまたこういうものをやってほしいです。(20代・男性・アルバイト)
SHOCK!!この狭い空間で何が起こるんだろう・・とドキドキしました!照明と映像、マイム、素敵musicの融合で、側で見ていて引き込まれてしまい見てていいのかなぁ、とまたドキドキしました。・はし休めのゆるさ、宇宙をさまよう侍、かんときゅう!!きゅーってなりました。・富士山が考えることって、なあに?・今まで大きな舞台でしか見たことなかったので、この空間がとても新鮮で距離の近さがすごく胸に響くというか、ホントよかったのです。。・ザッハトルテのマルシェな感じと和がミックスしてえもいえぬ感じでした。(20代・女性・会社員)
ザッハトルテさんのライブに2回ほど行ったことがあり、今回このようなイベントに知り合いに誘われ来ました。音楽と創作ダンスの組み合わせには興味があったので、このような舞台を見ることができてよかったです。またどこかでお目にかかれたらと思います。(20代・女性・無職)
シャボン玉のシーンがすごいキレイで、今まで舞台を観て悲しかったり切なかったりして涙することはあっても、感動してそんなことはなかったのでこみ上げてくる自分に驚きました。舞台上だけでなく客席にシャボン玉がくるのも嬉しかったです。演奏の時、ヨース毛さんがケン玉(に見えました)を使ってたのが印象的でした。はずさないでリズムをとっていて、片方も音を鳴らしてて器用だなぁと。暗転中に安元さんの低い声だけが聞こえるとき、不思議な感じになりました。でもその声がなんだか心地よかったです。今日はありがとうございました。(記名なし)
とても楽しかったです。音楽(効果音も含め)と映像(照明)と動作が細部でリンクしていて、すごくハイレベルな舞台だなと感心しました。暗闇でも楽器が弾けるなんてスゴイ!ちょくちょく出てくる小さい楽器の数々も楽しめました。本当にありがとうございました。(30代・男性・会社員)いいむろさんの公演は何度か拝見させていただいていますが、毎回新しい。いいむろさんのマイムとザッハトルテさんの演奏、素晴らしい照明、楽しい安元さん、に黒い人も居ます。この公演をとても楽しく拝見させていただきました。マイムだけじゃない、演奏だけじゃない作品!必見ですね。(40代・女性・その他)

以上!
どうでした?面白そうでしょ。色んな角度から楽しめる作品に仕上がってます。
是非に!是非に!劇場でお待ちしています!


ページ: 1 2

次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク