ピースピット「トリニティ・ザ・トランプ」

ピースピット
「TRINITY THE TRUMP -トリニティ・ザ・トランプ-

不死を失った吸血種< ヴァンプ>たちの7500年に渡る血の饗宴。

不死を失った吸血種≪ヴァンプ≫の少年たちが、永遠に生き続ける伝説の吸血種「TRUMP」の残影に翻弄される、悲しくも美しいヴァンパイヤ・エンターテインメント。2009年初演、その徹底的に作り込まれた世界観で熱狂的な支持を集めた作品が、新しいキャスト、新しい演出、新しい音楽で蘇る!オールメール、オールフィルメールバージョン、さらにはオールメールのリバースキャストバージョンでお届けする、みっつの『TRUMP-トランプ-』。

時を遡ること7500年、ギムナジウム「クラン」。
ここは若き吸血種たちが集う学校だった。
ヴァンプ社会でも有数の貴族階級であるエリート・ヴァンプのウルは、なぜか人間とヴァンプの混血「ダンピール」であるソフィに惹かれていた。
ウルは、かつてヴァンプが持っていた「不死の力」について研究を続けているうち、永遠に生き続ける伝説の吸血種「TRUMP(TRUE OF VAMP)」の存在を知る。そして、次第に永遠の命を渇望するようになり…?

★2012.1.30(月)13:00 『TRUMP -female-』 追加公演決定!
チケット発売 2011.12.24(土)10:00〜
LOTUS WEB
電子チケットぴあ tel.0570-02-9999(Pコード: 417-900)
HEP HALL電話予約 tel.06-6366-3636(11:00-20:00)

[ Flyer ]
 

[ Data ]
日時 2012.1.22(日)〜30(月)
1.22(日)18:00[T]
1.23(月)19:00[R]
1.24(火)19:00[T]
1.25(水)休演日
1.26(木)19:00[F]
1.27(金)15:00[T]/19:00[R]
1.28(土)14:00[F]/18:00[R]
1.29(日)13:00[T]/17:00[F]
1.30(月)13:00[F]/18:00[R]

T=『TRUMP -truth-』 オールメールが正規キャストで演じる『TRUMP』。
R=『TRUMP -reverse-』 オールメールがリバースキャスト(または半リバース)で演じる『TRUMP』。
F=『TRUMP -female-』 オールフィメールが男装で演じる『TRUMP』。
※開演の45分前より受付開始、30分前より開場
※上演予定時間は140分です
※追加公演1.30(月)13:00[F]
料金 一般:3,800円
学生:2,800円(要学生証。ロヲタスWEBのみの取り扱い)
[前売・当日共/全席指定]
作・演出 末満健一(ピースピット)
音楽 和田俊輔(デス電所)
振付 山根千佳(TAKE IT EASY!)
出演 ALL MALE CAST《五十音順》
赤星マサノリ(sunday)・植田順平(悪い芝居)・宇保允・甲斐健太・久保田圭介(崖淵五次元)・澤田誠(Amusementtheater劇鱗)・末満健一(ピースピット)・杉森大祐(売込隊ビーム)・鈴木洋平・釋章充・中島ボイル(劇団とっても便利)・中野聡・山浦徹(化石オートバイ)
-アンサンブルキャスト- 久井正樹・山本太一・和田重
ALL FEMALE CAST《五十音順》
延命聡子・さのゆみ(劇団スターパイレーツ)・清水かおり(TAKE IT EASY!)・田川徳子(劇団赤鬼)・立花明依(泰平堂)・谷野麻里江・丹下真寿美・富樫世羅(劇団PLAYERS)・西脇百合子・橋爪未萠里(劇団赤鬼)・春野恵子・松永渚・美津乃あわ
チケット 2011.12.17(土)発売開始 ※追加公演発売 2011.12.24(土)
LOTUS WEB
チケットぴあ tel.0570-02-9999 (Pコード: 416-869)※追加公演分Pコード:417-900
HEP HALL電話予約 tel.06-6366-3636(11:00〜20:00)
※HEPカード割引あり
※当日券のお知らせ→コチラ
お問合せ LOTUS-ロヲタス- tel.090-8536-5375 mail.info@lotus-stg.com
クレジット 主催 ピースピット
企画制作 LOTUS-ロヲタス-
関連サイト 末満健一BLOG
[ Profile ]
末満健一
1976年生まれ、大阪府出身。脚本家/演出家/構成家/俳優/グラフィックデザイナー。
1996年から2000年まで劇団「惑星ピスタチオ」に参加。大阪を中心に活動を続ける。2002年、演劇ユニット「ピースピット」を立ち上げ。自身の脚本・演出・構成作品を発表する傍ら、俳優としても活動している。自作品では哲学的思想の骨組みに、自身が強く影響を受けた漫画・アニメ映画といったサブカルチャーのエッセンスなどを纏わせつつ、徹底的なまでに作り込まれた世界感を組み上げるエンターテイメント性の高い作品を発表。作家性と娯楽性、カルト性と大衆性が絶妙なバランスで混在する作品は、関西を中心に熱狂的な支持を集めている。2009年~2011年にかけて、女優ユニット「TAKE IT EASY!」とタッグを組み名作アニメ『千年女優』を舞台化。原作の今 敏監督をも唸らせる出色の出来となる。2011年秋にはcube presents『有毒少年』で初のオリジナル作品による東京進出を果たした。

最新のスタッフブログ
リンク